• ホーム
  • ピルを飲む理由を医者に言わなきゃいけない理由

ピルを飲む理由を医者に言わなきゃいけない理由

薬を飲んでいる女性

避妊目的だけでなく、今は子宮内膜症や月経困難症の治療として、また大人ニキビの解消にピルを服用している女性が増えつつあります。
最近のピルは含まれるホルモン剤の量が、最小限に抑えられている点が特徴です。
低用量タイプは服用しても、急激に体内の女性ホルモンバランスが変化しない為、副作用が起こり難くなっています。
副作用や体へのダメージが少なくなっている、そして女性も積極的に避妊に取り組む事に恥ずかしさや、抵抗を感じなくなっている時代ですので、ピルを活用する方は年々増えているのです。
正しく服用すれば安全性の高い薬ですが、もし体調不良などで病院を受診した際は、医師にピルを飲んでいる事は必ず伝えましょう。
ピルには飲み合わせの悪い薬というのが存在しています。
知らずに服用してしまうと、効果を妨げてしまったり逆に効果を下げてしまい、健康被害を起こしてしまうケースがあるので注意が必要です。
例えば、抗生物質や水虫の薬、睡眠薬といった薬の中にはピルの作用を、下げてしまうものがあります。
このような薬と一緒に服用してしまうと、避妊の効果を十分に得られず妊娠してしまう恐れがあるのです。
また解熱鎮痛薬の中には、ピルの作用を高めてしまうものもあります。
逆にピルを服用した事によって、効果が下がってしまったり高くなってしまう薬も存在しています。
高血圧や糖尿病、子宮内膜症の薬の中には併用する事で、効果が下がる薬があるようです。
逆に併用する事で効果が高くなり過ぎてしまう薬には、胃炎や喘息の薬などが挙げられます。
何となく服用してしまう薬ですが、一緒に飲むと危険な場合もあるのです。
ですので、必ず医師に相談してから飲むようにしましょう。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索