• ホーム
  • ピルには腹痛緩和や出血を少量に抑える効果があります

ピルには腹痛緩和や出血を少量に抑える効果があります

経口避妊薬として知られるピルですが、低用量ピルには避妊以外にも女性に嬉しい効果があります。
女性は妊娠中を除いて、閉経を迎えるまで毎月生理があります。
生理の症状でよくあるのは腹痛や頭痛、貧血や大量の出血です。
症状は人それぞれですが、重い方の場合、腹痛がひどくて仕事や通学がつらいかたもいます。
また、出血量が多いと、外出も億劫になってしまいます。
しかし、このように生理諸症状が重い方が低用量ピルを服用すると、その症状を緩和することができます。
生理中、女性の体内では子宮内膜が増殖します。
そしてその中にはプロスタグランジンという物質が存在し、この物質が子宮内膜を収縮を促すと共に痛みを引き起こすのです。
しかし、低用量ピルを服用するとピルに含まれる女性ホルモンが子宮内膜の増殖を抑制するため痛みを緩和することができます。
また、それにより出血量も通常より少量になります。
どれくらい少量になるかは個人差がありますが、中には出血がなくなる場合もあります。
また、生理前に普段よりイライラしてしまうことがあります。
これはPMSと言い、生理により体内のホルモンバランスが乱れるためです。
低用量ピルにはホルモンを整える作用もあるので、使用するとPMSも抑えることができます。
このように低用量ピルには避妊以外にも、腹痛や出血など生理諸症状の緩和をすることができます。
また、ピルに含まれるホルモンにより月経をコントロールできるので生理不順も改善することができます。
ですから、腹痛や生理不順など生理に関する悩みを抱えている方におすすめの薬と言えます。
服用の仕方も毎日一粒飲むだけなので簡単です。
気になった方は一度医師に診察してもらってから、処方してもらうことをおすすめします。

関連記事