• ホーム
  • ピルが保険適用になるかもしれない症状

ピルが保険適用になるかもしれない症状

微笑む女性

日本の健康保険制度は「国民みんなが最低限の医療を受けることができる」ということを目標としているもののため、審美的なものや避妊目的のものは健康保険が適用されません。
そのため、避妊のためにピルを処方してもらうことは健康保険を適用できず、診療費や薬代はすべて自費で負担しなければなりません。
しかし、中には健康保険が適用されるピルの処方があります。
それはどのような症状の場合なのでしょうか。
ピルは避妊だけが目的のものではありません。
生理痛やPMS、更年期障害や子宮内膜症など女性ホルモンの影響によって起こる様々な症状の治療のためにも処方されます。
この中の子宮内膜症の場合には日常生活を送ることが困難なほどの痛みが襲ってくることが多いため、ピルが健康保険適用で処方されますが、服用の仕方が避妊を目的とした場合とは違っているため注意が必要です。
さらに月経困難症の場合にも保険適用されるピルが登場しています。
月経困難症とは簡単に言えば生理痛のことで、病院で生理痛が酷い、ということで診察を受けて月経困難症だと判断されれば保険適用で処方してもらえることになります。
しかし、保険適用される症状だったからと言って自分が使ってみたいと思っているピルが利用できるわけではありません。
保険適用することができるピルは決まっているため、それ以外のものは保険適用される症状であっても自費で処方を受けなければなりません。
また、保険適用されているものを採用するかしないかは病院の判断となってしまうため、選んだ病院によっては保険適用外のピルしか処方を行っていないというケースもあります。
まずは電話などで保険適用されるかどうかを聞いてみると良いでしょう。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索